助産師を極める!

z4ma6tt3.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

“過失”受け入れ難い副署長、沈黙のまま 明石歩道橋事故(産経新聞)

 4度の不起訴の末、ついに法廷に立つことになった明石署元副署長、榊被告。被告を知る関係者は「本人は申し訳ないという気持ちで懸命に取り組んでいた。過失があったとは受け入れ難いだろう」と話した。

 20日午前、神戸市須磨区にある榊被告の自宅の扉は閉じられたまま。家人の女性がインターホン越しに「(榊被告は)いません」と答えるのみで、コメントなどが出されることもなかった。

 平成19年に元署長が死亡後、事故にかかわった警察幹部として、遺族らが処分に最も関心を寄せた榊被告。昭和44年に県警に採用後、署の刑事課長などを経て平成7年に警視に昇任。12年3月に明石署副署長に就任し、約1年半後に事故が起きた。その後警察学校管理官や運転免許試験場長を務め、17年1月に定年前の57歳で辞職。現在は県内の量販店で働いている。

 榊被告を知る県警関係者は「口数が多い方ではなく、黙々と仕事をするタイプ。仕事には厳しく、決裁内容に不満があれば、声を荒らげる一面もあった」と語る。

 また別の関係者は「事故後は副署長の立場から報道対応などに懸命に取り組んでいた。本人はずっと遺族に『大変申し訳ない』との気持ちを抱いているはずだが、一方で過失があったとは受け入れ難いだろう」と話した。

 今月15日に指定弁護士から事情聴取を受けた際は、「あなたのためにもなる」として取り調べの録音・録画を打診されたが、「遠慮してほしい」とかたくなに拒否、指定弁護士は「全面可視化」につながる録音・録画を断念したという。

 ある県警関係者は「副署長は指揮のトップではないし、署長や現場の警察官とは役割が異なる。市民感覚から起訴すべきだというのは受け入れざるを得ないが、本人も複雑な思いなのではないか」と、榊被告の心情を推し量った。

【関連記事】
次席検事「必要な協力を行う」 明石歩道橋事故で元副署長を強制起訴
検察官役弁護士「有罪を確信」 明石歩道橋事故で元副署長強制起訴
強制起訴、有罪立証へ 明石歩道橋事故“急造検察官”困難な道
JR脱線、立証へ高いハードル 「市民感覚」過剰制裁の危険性も
「正義って何ですか?」「本当に汚い」…永ちゃんvsものまね芸人の仁義なきバトル
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

川崎汽船のタンカーが海賊に襲われインド洋沖で被弾(産経新聞)
<TDL>M・ジャクソンのアトラクション 7月から再導入(毎日新聞)
民主「飛んでイスタンブール」庄野真代さん擁立へ(産経新聞)
都の漫画児童ポルノ規制 民主、代案提出を検討(産経新聞)
タミフル半減で国内売上高9%減―中外(医療介護CBニュース)
[PR]
by bw9h5dp7bj | 2010-04-27 17:09

首相元秘書に禁固2年、執行猶予3年の判決(読売新聞)

 鳩山首相の資金管理団体「友愛政経懇話会」の偽装献金事件で、政治資金規正法違反(虚偽記入)に問われた同会の元事務担当者で、鳩山首相の元公設第1秘書・勝場啓二被告(59)の判決が22日、東京地裁であった。

 平木正洋裁判長は禁固2年、執行猶予3年(求刑・禁固2年)を言い渡した。

 勝場被告は2004〜08年分の友愛政経懇話会の政治資金収支報告書に、総額約3億5900万円の虚偽記入を行ったほか、関連政治団体「北海道友愛政経懇話会」の収支報告書にも総額約4200万円の虚偽記入をしたとして起訴された。

「日本の存在示せた」=鳩山首相、帰国の途に(時事通信)
次官の代わり「事務系副大臣」検討と仙谷氏(読売新聞)
<NIE>東京・毎日ホールで新聞活用実践教室(毎日新聞)
年間で40億円を6社で?! 航空自衛隊の官製談合 天下り受け入れの果てに… (産経新聞)
「ママ、シャボン玉お願い! 」=自由研究、宇宙に託す−長女優希ちゃん(時事通信)
[PR]
by bw9h5dp7bj | 2010-04-23 02:31

母、めいの順で刺す=逮捕の長男、一家5人殺傷−愛知県警(時事通信)

 愛知県豊川市の会社員岩瀬一美さん(58)方で一家5人が殺傷された事件で、逮捕された長男高之容疑者(30)が最初に母親の正子さん(58)、次にめいに当たる金丸友美ちゃん(1)、その後岩瀬さんら3人を刺したことが19日、県警豊川署への取材で分かった。
 同署は、高之容疑者がインターネットを誰が解約したか正子さんに問い詰めた後、次々と一家5人を刺したとみて、殺傷時の詳しい状況を調べている。
 同署によると、同容疑者は17日午前2時すぎ、2階で寝ていた正子さんに懐中電灯を照らしながら「誰がネットを解約した」と問い詰めたという。同容疑者は弟が解約したと聞き、1階の台所から包丁を持ち出し、まず2階で正子さんを、次に同じ部屋にいた友美ちゃんを刺した。その後、再び1階に下り、岩瀬さんら3人を刺したという。
 事件では岩瀬さんと友美ちゃんが死亡、正子さんら3人が重軽傷を負った。
 同容疑者は逮捕直後、「父親にネットを止められた」と話しており、供述が矛盾することから、同署はネット解約をめぐるトラブルの経緯を詳しく調べている。 

【関連ニュース】
刺し傷、5人に計44カ所=事件前、トラブル通報8回
駅ビル無差別殺傷、懲役30年=無期を減刑
小泉被告に死刑判決=「更生可能性ない」
元次官連続殺傷、30日に判決=死刑求刑、小泉被告に
少年2人を家裁送致=石巻3人殺傷事件

雑記帳 都心から最も近い「潮干狩り」始まる(毎日新聞)
<野菜高騰>政府、対策に乗り出すも価格安定は5月以降か(毎日新聞)
<公取委>住友電工産業電線や協和電線など立ち入り(毎日新聞)
高速新料金制度法案、与党委員長が異例の反対(読売新聞)
堺の虐待死、母親の内縁の夫逮捕…日常的虐待も(読売新聞)
[PR]
by bw9h5dp7bj | 2010-04-20 13:34

<自民党>鴻池元副長官、新党に参加せず(毎日新聞)

 自民党の鴻池祥肇元官房副長官(参院)は7日午前、同党に離党届を提出した与謝野馨元財務相や無所属の平沼赳夫元経済産業相らが10日結成する新党について「理念や国家観の違う方とはご一緒できない」と述べ、参加しない考えを表明した。国会内で記者団に語った。鴻池氏は平沼氏に同調する方向だったが、主張の異なる与謝野氏が合流したため、参加を見送った。

 一方、平沼氏は7日午前、自民党の中川義雄参院議員について「私の動きに賛同してくれている」と記者団に述べ、参加に前向きなことを認めた。新党をめぐっては、政党要件を満たす国会議員5人の確保に向け大詰めの調整が続いている。【大場伸也】

【関連ニュース】
与謝野元財務相:平沼元経産相らと10日に新党旗揚げへ
舛添前厚労相:与謝野元財務相らと連携否定 新党参加せず
与謝野・平沼新党:「消費税上げ」で一致
与謝野氏:新党結成へ平沼氏らと詰めの協議
与謝野氏:新党8日にも旗揚げ 「私は応援団」と石原知事

将棋 三浦先手で横歩取りに 名人戦第1局(毎日新聞)
「谷垣総裁辞めて」自民埼玉県連で厳しい声続々(読売新聞)
「たちあがれ日本」旗揚げ=反民主、「第三極」目指す−平沼、与謝野氏ら5議員(時事通信)
<将棋>マイナビ女子オープン 11日の結果(毎日新聞)
桜開花予想 寒暖差大きく、担当者泣かせ…参入民間3機関(毎日新聞)
[PR]
by bw9h5dp7bj | 2010-04-14 02:31

富良野塾 26年の歴史に幕 多くの俳優、脚本家を育成(毎日新聞)

 北海道富良野市在住の脚本家で演出家の倉本聰さん(75)が主宰し、俳優や脚本家を養成してきた演劇の私塾「富良野塾」が4日閉塾し、26年の歴史に幕を下ろした。

 倉本さんが84年、私財を投じて市内に開塾した。受験料、入学金、授業料は不要。農作業で生活費を稼ぎ、2年間共同生活をしながら演技や創作を学ぶ独特の方式で、25期の16人を含めて計275人が卒塾した。

 この日は1期生たちの夢に懸ける熱い闘いを役者の肉体と演技だけで表現した塾の記念碑的作品「谷は眠っていた」を最終公演。倉本さんは集まった卒塾生たちと握手し、抱き合った。【横田信行】

【関連ニュース】
倉本聰さん:北海道教育大学で講義 教師の卵に演劇的手法
時代を駆ける:倉本聰/6止 親父に精神的遺産もらった
時代を駆ける:倉本聰/5 富良野塾で僕が一番学んだ
時代を駆ける:倉本聰/4 「北の国から」は全部体験したこと
時代を駆ける:倉本聰/3 NHKとけんか、北海道へ

病腎移植、6日に3例目実施 宇和島徳洲会病院(産経新聞)
<橋下知事>豊中市長と“和解” 大阪空港跡地利用で協議へ(毎日新聞)
薬物犯罪の最高刑、アジア16か国で「死刑」(読売新聞)
国語教科書、新聞で読解力養うコーナーも(読売新聞)
暴力団雑誌の撤去要請「違法」=作家宮崎氏が県提訴−福岡地裁(時事通信)
[PR]
by bw9h5dp7bj | 2010-04-08 23:40

普天間移設 岡田外相、現行案を除外…米国防長官への説明(毎日新聞)

 岡田克也外相がゲーツ米国防長官と3月29日にワシントンで会談した際、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先について、日米が合意しているキャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市)とする現行計画を政府案の検討対象から外して説明していたことが1日、分かった。ゲーツ長官は日本側から現行計画の説明がなかったことに怒り、岡田氏は「現行案の実現は厳しい」と説明したという。日米外交関係者が明らかにした。

【写真でみる】現在の普天間基地・キャンプシュワブ沿岸部はどういう場所なのか

 現行計画を巡っては鳩山由紀夫首相や北沢俊美防衛相が除外する姿勢を示す一方、岡田氏は米側への配慮から排除しない姿勢だった。米側との交渉本格化に伴い、現行計画は困難とする日本側の立場をより明確にしたといえる。

 岡田氏が会談で説明したのは、キャンプ・シュワブ陸上部と米軍ホワイトビーチ(同県うるま市)沖合の移設先2案に、普天間の基地機能の県外への分散移転を組み合わせる案。会談ではゲーツ長官の不満に対し岡田氏は「他の案もぜひ検討してほしい」と要請した。関係者によると、岡田氏が訪米に先立つ3月26日にルース駐日米大使と会談した際は、現行案も検討対象として説明していたという。【野口武則】

【関連ニュース】
【関連記事】普天間移設:仲井真沖縄知事と平野長官が会談…東京都内で
【関連記事】普天間:「必ず成果を上げる」強調も具体性欠く 鳩山首相
【関連記事】普天間:「腹案は既に用意している」と言明…鳩山首相
【関連記事】普天間移設:「沖合案」撤回申し入れ 社民と国民新
【関連記事】普天間移設:米国防長官「海兵隊は沖縄にいる必要がある」

<ソメイヨシノ>東京で満開…平年より4日早く(毎日新聞)
谷町線で保守中ケーブル切断 15万人影響(産経新聞)
鳩山首相、郵政改革案は「唯一のやり方だ」(産経新聞)
普天間移設、「地元了解抜きの合意せず」首相(産経新聞)
高速道路上限割引 来週にも正式発表(レスポンス)
[PR]
by bw9h5dp7bj | 2010-04-05 22:27

<東京電力>福島原発の稼働延長など申請 運転40年迎え(毎日新聞)

 東京電力は25日、来年3月で運転開始から40年を迎える福島第1原発1号機(福島県大熊町、沸騰水型、46万キロワット)について、さらに20年間の運転が可能とする技術評価書と、今後10年間の保守管理方針を原子力安全・保安院に提出した。40年超の運転が認められれば、既に廃炉を表明している日本原子力発電・敦賀原発1号機(福井県敦賀市)、関西電力・美浜1号機(同県美浜町)に次ぎ国内3例目となる。

 福島第1原発1号機は高経年化に合わせて配管などの交換作業を進めてきており、東電は「大部分の機器・構造物は、現在の保全活動を継続することで40年目以降も健全に維持できる」としている。

【関連ニュース】
4企業連合:インドの環境都市開発に着手へ
春闘:電力8社で一時金満額割れ
電気自動車:充電器の国内規格統一へ 協議会にトヨタ参加
日銀:審議委員に森本宜久氏を提示 政府・人事案
エコで勝負:東京電力 賢い電子式メーター

高松塚古墳 保存まずく壁画劣化 文化庁検討会が報告(毎日新聞)
特養介護職に医療行為=「たん吸引」など来年度から−厚労省(時事通信)
飲酒運転 都内の「死亡事故ゼロ」83日 厳罰化の効果か(毎日新聞)
新種の人類 4万年前、露南部で生活 骨片のDNAで判明(毎日新聞)
市民に差し止め請求権なし=NHKへの拉致問題放送要請−大阪地裁(時事通信)
[PR]
by bw9h5dp7bj | 2010-04-01 03:11